女装ハッテン場体験談・浅草24会館はこんなところ

体験談

浅草の女装ハッテン場、浅草24会館へ行こうか迷われていますか。行ったことのないハッテン場はどんなところなのか気になりますよね。実際に浅草24会館に行った純男の体験談をお届けますので、参考になれば幸いです。

体験者プロフィール

現在の年齢:20代後半
居住地:静岡県
職業:会社員
自己紹介:170cmほどの下半身がっちり体型スキンヘッド。タチの純男です。女装さんをよがらせるのが好きで、相手の年齢にはこだわりません。ただ、首下女装・下着女装は苦手で、完全女装の方しか遊びません。

浅草24会館の利用時期:2018年07月~2020年12月
浅草24会館に行った回数:6回

すぐに女装子や男の娘と出会いたいなら、「Lili(リリ)」


Lili(リリ)は、2020年9月にオープンしたばかりの女装子・ニューハーフ・男の娘・専門の出会い系サイトです。
都心はもちろんのこと、地方在住の方も女装男子との出会いが期待できます。

使い方は簡単で、気に入った女装子を見つけて、いいねを送ってマッチングを待つだけ。
女装子や男の娘に興味がある方は、ぜひ一度使ってみると良いでしょう。

女装子は無料で、男性も一部無料で利用できます。

Lili(リリ)はこちら

浅草24会館に行ったきっかけ

浅草24会館に行ったきっかけとしては、まずニューハーフの人に興味を持っていてAVなどをインターネットで視聴していたからです。男なのにあんなに可愛い人がいるのか、アナルを責められてあんな声が出るのか、と思いまずは女装子がキャストの風俗に行ってみました。

風俗を何店舗か回った後、素人の女装子とヤってみたいと感じ、サイトを検索すると「浅草24会館」の文字が。ドキドキしながらサイトをクリック。しかし、そこには「女装子」の文字はありませんでした。

後で調べてわかったのですが、女装子はゲイ界隈でも微妙な立ち位置なんだとか。大っぴらには書けませんが、実は……、ということでした。24会館で女装子の入館が許容されているのは浅草のみで、新宿などの他店舗はNGとのこと。他サイトを見て調査完了し、恐る恐る勇気を出して行ってみました。

浅草24会館はこんなところ

浅草24会館は、その名の通り東京‐浅草に位置しています。言問通りと国際通りの交差点を南に進みコンビニで左折した先に「24会館」看板があります。黒字に黄色い看板は少し妖艶な雰囲気がありました。裏路地のような場所に面しており、人通りはまばらでタイミングを見計らえば人に見つかることなく建物に入れそうでした。

扉を開けて中に入ると、靴を入れるロッカールームがありました。土曜日の夜ということもありロッカーの一列は靴がずらっと入っていました。
少し奥に行くと、カウンターが。名前を聞かれ、思わず本名をフルネームで名乗ってしまいました。後から掲示板で判明したのですが、偽名の苗字のみで問題ないとのことでした。
勝手に「中は部屋がずらっと並んで薄暗い感じなんだろうな」と思っていましたが、カウンターは明るく、中にはカラオケがあるスナックルームなどもあり賑やかな印象でした。

公式サイトでは画像付きで内部の紹介もあり、怪しい感じの場所、入りにくい場所ということもありませんでした。

浅草24会館にいる女装子・純男の特徴

女装子に関しては60代までの幅広い年齢層の方が来ていました。若い女装子の方も多くおり、若い方も来やすいだろうな、と感じたのを覚えています。一方で純男は若い方から中高年から、80代ほどのおじいちゃんまでいました。これが衝撃的でした。どうやってヤるんだろう?なんて単純な疑問を持ちました。

中の人達は閉鎖的な感じではなく、オープンで暖かい雰囲気がありました。幅広い年齢層の方がおり、初めて来た人同士でもお話できるようなそんな印象を受けました。

一番印象に残っている体験

初めて行った時のことです。5階にある薄暗いスペースで女装子さんを探しました。一応中にはルールがあり、女装子さんはいけるスペースが決められているとのこと。
5階の大部屋がメインのお部屋のようでした。

自分からなかなか話しかけられない状況が続きうろうろしていると、一人の女装子さんが複数の純男に責められている現場を発見しました。一人は女装子さんの頭の方に。もう一人は横から、もう一人は下半身をまさぐっていました。非常に興奮したのを覚えています。嬌声があたりに響いてギャラリーが増えていきます。興奮した私が最前面で見ていると、一人の純男から手を引かれ輪の中に入れてもらいました。その後のことは興奮しすぎてあまりうろ覚えですが、はっきりと覚えているのは乱交に参加させてもらったことと、ゴムの中に3回ほど出したことです。凄い快感でしばらく放心したことを覚えています。

まとめ・浅草24会館へ行こうか迷っている人へアドバイス

「やらない後悔より、やる後悔」という言葉があるように、まずは行って色々感じ取ることが大切だと思いました。確かに行くのは緊張します。ただ行ってみないとどんな雰囲気かは一生分からないでしょうし。私が感じたのは「全然平気じゃん!」という思いでした。何か痛い目に合うだとかそういうことは全くなく、変な話なのですが同じ人間であるということがはっきりと解ったのを覚えています。

一方で自分から手を出せない人は、基本的に待ちの姿勢になるのであまり合ってないかもしれません。よほどタイプでない限り女装子さんから声をかけてくることはあまりないからです。また二人っきりの雰囲気を大切にしたいという方もあまり合わないのかもしれません。どうしても最中覗かれることが多いですから。ただ、個室もあるようで、個室に泊まれば問題ないかとも思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました